Netflix「Yasuke -ヤスケ-」ネタバレ感想 黒人侍が少女を守るため剣を取る!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナル・アニメ
黒人侍として名をはせたヤスケは、今では船頭として平穏な日々を過ごしていたが…………

ファンタジー時代劇
思ったよりもB級だった

「呪術廻戦」などで有名なMAPPA最新作
といっても監督のラション・トーマスの個性が、色濃く出た作品となっている
実在した織田信長に仕えた黒人の侍、弥助を題材としたストーリー
ファンタジー色がかなり強め
ロボットまで登場する荒唐無稽さに、置いていかれそうになった
もっと史実に基づいた作品かと思っていたのだが…………
主人公のヤスケはかなりキャラが立ち、魅力的だった
作画もMAPPAにしては低調なところもあるが、アクションシーンは気合が入っていた
かなり海外向けのアニメという印象
何でもありの世界観を受け入れられれば楽しめるだろう


予告編

Yasuke | Official Teaser | Netflix

作品情報
作品名「Yasuke -ヤスケ-」(原題Yasuke)
監督:ラション・トーマス
キャスト:副島淳、平岳大、田村嬉子、榊原良子、占部房子、牛山茂
全6話
アニメーション制作:MAPPA
製作国:日本、アメリカ(2021年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

かつて織田信長に仕え黒人侍として名をはせたヤスケは、今では船頭として身を隠して生きていた。ある日、ヤスケは咲希という少女を医者のところまで連れていくように頼まれる。その少女は不思議な力を持っていて、闇の勢力に追われていた…………

感想(ここからネタバレ)

ここまでファンタジーだとは…………

黒人侍

ヤスケは黒人でありながら織田信長に気に入られ、侍として取り立てられた
その後、ヤスケはその勇ましい戦いぶりから、黒人侍として名をはせた
本能寺でヤスケは、主君である信長の最期を見届けた

それから20年後、ヤスケは人里離れた村で、船頭としてひっそりと暮らしていた
もう戦いにはうんざりしていた
そんなある日、ヤスケは酒場の歌手である一華から、娘の咲希(サキ)を遠くの医者のところまで送って欲しいと頼まれる
外の世界は闇の大名が支配し、危険だ
ヤスケは躊躇するが、結局は引き受けた

一華と咲希を船に乗せ、川を進んでいると、怪しい集団に襲われた
彼らは咲希を狙っているようだった
ヤスケは咲希たちを守るため懸命に戦ったが、一華が負傷した
それを見た咲希が絶叫し、全身から不思議な光を放って…………

作品解説

本作の原作・監督・製作総指揮を手掛けるのは、米国人のラション・トーマス
「ブーンドックス」「Black Dynami」など、多くのヒット作に携わってきたアニメ監督でありデザイナーだ
Netflixオリジナル・アニメ「キャノン・バスターズ」も手がけている

Netflixオリジナルの日米合作アニメ 監督は米国人のラショーン・トーマス アニメーション制作は「創聖のアクエリオン」や「マクロス」シ...

荒野、無法者、巨大ロボット
「キャノン・バスターズ」は何でもありの冒険ファンタジーだった
その荒唐無稽な世界観は、「Yasuke -ヤスケ-」にも継がれている

MAPPA

「坂道のアポロン」、「ユーリ!!! on ICE」、「この世界の片隅に」

様々な話題作を手掛けているアニメスタジオMAPPA
最近でも「呪術廻戦」「進撃の巨人 The Final Season」で注目された

MAPPAの手掛けるアニメーションは、総じてクォリティが高い
世界的にも評価されている
それなのに制作本数が多いのが凄い
「鬼滅の刃」のufotableなどと並び、今後も注目すべきスタジオだ

ヤスケ CV.副島淳

元々は奴隷だったが、織田信長に気に入られ、家臣に取り立てられた
無益な殺生を好まない誇り高い人物
だが、主君である信長を失い、失意のまま船頭としてひっそりと暮らしている
剣の腕は凄まじいが封印している
不思議な力を持った少女、咲希をひょんなことから守ることになるが…………

巨体
黒い肌

この国では異邦人であるヤスケ
つねに孤独
しかし、侍としての矜持は高い
弱きを助け強きをくじく
とても魅力的な主人公である

弥助は織田信長に仕えた実在の人物
身体に墨を塗っていると思った信長が、洗って綺麗にしようとするなど、実際にあったとされるエピソードも本作で描かれている
弥助は本能寺にも居合わせた
信長の後継者の信忠のために戦ったが、その後の消息は不明
YASUKEはチャドウィック・ボーズマン主演で、ハリウッドで映画化も企画されていた

咲希 CV.田村嬉子

不思議な力を持った少女
闇の大名に命を狙われている
ヤスケがピンチの時は、その能力で助けることもある
病弱だが意志の強い少女

織田信長 CV.平岳大

ヤスケの主君
常識にとらわれない器の大きな人物
ヤスケのことを気に入り、可愛がる
本能寺では自分の介錯をヤスケに任せた

日本語吹き替えは多くのドラマや映画で活躍する平岳大

ファンタジー

織田信長に仕えた黒人の侍、弥助
見る前は史実を描くアニメだと思っていた
実際は予想以上にファンタジーだった

時代劇とファンタジーの相性は悪くない
「鬼滅の刃」も山田風太郎作品も、ファンタジーの一種である

とはいえ、この「Yasuke -ヤスケ-」はぶっ飛びすぎ
時代劇なのに魔法や超能力やモンスターやら何でもあり
さすがにロボットまで出すのは、やりすぎだと思った

ストーリーや設定もかなり雑
日本は「闇の大名」が支配しているとか、設定が適当すぎる
咲希の能力も何だったのか、結局明かされずじまい
「キャノン・バスターズ」は荒唐無稽の設定も好意的に見られたが、実在した人物を題材にしたこの作品ではちょっと…………
もっと違うアプローチをして欲しかったところだ

アクション

正直、あまりノレなかった本作
作画もMAPPAにしてはいまいち
だが、アクションには気合が入っていた
剣劇シーンはかなりの迫力

飛び散る血しぶき
真っ二つになる人体

凄まじいスピード感で見ごたえがあった
超能力なんかより、もっとこういうのが見たかった

クライマックスの合戦も駆け足だが、なかなか盛り上がる
6話と短いこともあり、何だかんだで楽しく見られた

まとめ

いまひとつの出来
世界観がめちゃくちゃすぎる
とはいえヤスケは格好よかった
アクションも大迫力
一見の価値はあるだろう


Yasuke-ヤスケ- (2021– ) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/tv/yasuke/s01
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/374520

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする