Netflix「闇はささやく」ネタバレ感想 その古い館の霊の正体は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルのホラー映画
キャサリンたち夫婦はニューヨークから田舎の古い家に引っ越してきたが、そこで次々と奇妙なことが起きて…………

ホラーなのに全く怖くない
かなり退屈な凡作

「Mank/マンク」でアカデミー賞にノミネートされたアマンダ・セイフライド主演
幽霊屋敷ものだが、描かれるのは主に夫婦の不和
夫婦の仲が悪くなる様を延々と見せられ、かなりストレスが溜まった
全編を通して、恐怖シーンもほとんどなし
「死霊館」のような作品を期待していると、ガッカリするだろう
終盤はホラーというよりサスペンスだが、いまいち盛り上がらない
2時間と長いのもマイナス
無理して見る必要はないだろう


予告編

アマンダ・セイフライド主演『闇はささやく』予告編 – Netflix

作品情報
作品名「闇はささやく」(原題Things Heard & Seen)
監督:シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
キャスト:アマンダ・セイフライド、ジェームズ・ノートン、ナタリア・ダイアー、アレックス・ニューステッター、F・マーレイ・エイブラハム
上映時間:120分
製作国:アメリカ(2021年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

キャサリンは夫のジョージと娘のフラニーと、ニューヨークから田舎町に引っ越してきた。その古い農家をジョージは非常に気に入った。しかし、フラニーが家の中に知らない女の人がいると言いだして…………

感想(ここからネタバレ)

2時間が非常に長く感じた…………

新居

キャサリンはニューヨークで美術修復師をやっている女性
好きな仕事でやりがいを感じていた
そんな時、夫のジョージが地方の大学に美術史の教授として赴任することが決まった
今まで自分を支えてきてくれたジョージ
キャサリンは仕事を諦めて、娘のフラニーと共に夫についていくことに決めた

ジョージが購入した家は、古い農家だった
色々と寂れていて修復が必要だ
しかし、ジョージはその家がとても気に入っていた

引っ越してきた日の夜、夫婦が寝室で寝ていると、フラニーが泣きながら部屋に飛び込んできた
自分の部屋に知らない女の人がいるというのだが…………

作品解説

原作はエリザベス・ブランデイジの小説「All Things Cease to Appear」

監督は「私がクマにキレた理由(わけ)」のシャリ・スプリンガー・バーマンとロバート・プルチーニ

アマンダ・セイフライド

主人公のキャサリンを演じる
ニューヨークで美術修復師として活躍し、充実した日々を送っていた
だが、田舎町に引っ越してきて、近くに知り合いもなく孤独にさいなまれる
やがて、新居で奇妙な体験をするようになり、その秘密を探っていくが…………

アマンダ・セイフライドは「Mank/マンク」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされた

ジェームズ・ノートン

キャサリンの夫ジョージを演じる
美術史の教授として田舎の大学に赴任してきた
社交性があり、生徒からも人気が高い
しかし、妻を拘束しようとする一面もあり…………

ジェームズ・ノートンは「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」などに出演

幽霊屋敷

「ボイス -深淵からの囁き-」「獣の棲む家」
Netflixでは幽霊屋敷ものの傑作が、いくつも配信されている

Netflixオリジナルのスペイン映画 田舎の家に引っ越してきた家族 だが、8歳の一人息子エリックが、家の中で変な声がすると言いだして…...
Netflixオリジナルのホラー映画 戦火のスーダンを離れ、イギリスに亡命してきた夫婦は、ある家をあてがわれるが………… こいつは凄...

古くて歴史のある家
そこへ越してきてから奇妙なことが次々と起こる

家の中にいる見知らぬ女
突然、鳴り出すラジオ
原因不明の臭い
そして明らかになる過去に起きた惨劇

王道の幽霊屋敷もの
本作も最初はそんな印象だった
だが、次第に物語は意外な展開を見せていく

夫婦

若い女の子と浮気
就職のために書類を偽造
口封じのための脅し

最初は良き夫と思えていたジョージ

しかし、実際は最悪のクズ野郎だった!!

ホラーだと思っていたら、いつの間にか本作は「愛がこわれるとき」のようなサイコ・サスペンスへと変わっていた

だが、問題なのはジョージが悪役として、全く魅力がないこと
薄っぺらで、カリスマ性も微塵もない
そもそもキャサリンの男の見る目のなさにも、問題があったのかも…………

クライマックス

そしてクライマックスは驚きの展開

…………確かに驚いたが胸糞悪すぎる!!

原作通りなのかも知れないが、ストレスMAXだった
それでいてラストにカタルシスが用意されているわけでもない
脚本と演出に難あり
そもそも観客を楽しませる気があったのかも分からない
非常にモヤモヤした終わり方だった

まとめ

ホラー映画を期待してはいけない
テンポも悪すぎ
これなら「死霊館」をもう一度、見直した方がいいだろう


闇はささやく (2021) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/things_heard_and_seen
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/376453

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする