映画「The Witch/魔女」ネタバレ感想 少女の失われた記憶とは…………!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年の韓国映画
Netflixで視聴
幼少の頃の記憶がない女子高生ジャユンは、謎の男たちに追われるようになり…………
全く予備知識なしに見たが、めちゃくちゃクォリティが高かった!!
監督は超傑作「新しき世界」のパク・フンジョン
さすがの腕前である
この作品の最大の見どころは、平凡だと思っていた少女が見せる驚異的な強さ
凄まじいアクションに圧倒された
ただ注意して欲しいのは、この作品は溜めに溜めて最後に爆発するタイプ
基本的にはスリラーと思って見た方がいいだろう
主演のキム・ダミの演技が素晴らしい
最凶の敵となる「パラサイト 半地下の家族」のチェ・ウシクも好演
監督自ら手がけた脚本が非常によく出来ている
戦うヒロイン映画の中でも上位の完成度
この手の作品が好きなら、十分に満足できるだろう


予告編

作品情報
作品名「The Witch/魔女」(原題The Witch: Part 1. The Subversion)
監督:パク・フンジョン
キャスト:キム・ダミ、チョ・ミンス、チェ・ウシク、コ・ミンシ、パク・ヒスン
上映時間:125分
製作国:韓国(2018年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

ある特殊な施設で育てられた少女ジャユンは、8歳の時に脱走。ある酪農家の家に引き取られたが、記憶は失っていた。それから10数年後、女子高生になったジャユンは家計を助けるために、賞金目当てでテレビ番組に出演した。ところがそれをきっかけに、謎の男たちに追われるようになり…………

感想(ここからネタバレ)

こんな映画、全くノーチェックだった
韓国映画の実力、恐るべし

忍び寄る不安

酪農を夫婦で営んでいるグーは、牧場の敷地内で少女が血まみれで倒れているのを発見する
急いで家に運び込み、医者を呼んだ
少女は命に別状はなかったが、全ての記憶を失っていた
グー夫婦は少女をジャユンと名付け、養子として引き取った

10数年が過ぎた
ジャユンは19歳の女子高生になっていた
母親はアルツハイマーを患い、ベッドに伏せていた
牧場は経営難で、牛の餌にも困る有り様だった

そんな時、親友のミョンヒ「スター誕生」というテレビ番組のオーディションを受けないかと持ち掛けてきた
勝ち進めば多額の賞金が出る
牧場と母親の治療費のために、ジャユンはやってみることに決めた

初めてのテレビ出演は成功で、ジャユンは無事に勝ち残った
ミョンヒは大喜びだった
ジャユンの映像はテレビで全国中継された

予選の第2ラウンドに出演するため、ジャユンとミョンヒは列車でソウルに向かった
すると目の前の席の青年が、いきなり話しかけてきた

「下手な芝居をするな、魔女。俺を忘れたとは言わせないぞ」

キョトンとするジャユン
男は「また会おう」と言って去っていった
それ以来、ジャユンの周囲で謎の男たちが暗躍し始め…………

作品解説

監督は超傑作「新しき世界」のパク・フンジョン

「新しき世界」
兄貴分との絆か
警察への忠誠か
潜入捜査官の苦悩を重厚なタッチで描いた傑作

「The Witch/魔女」は2018年6月27日に韓国で公開され、初登場1位を記録した

主演のキム・ダミは本作のオーディションで1500倍の倍率を勝ち抜いた
また、その演技が評価され、様々な新人賞を総なめにした
ただ本人は「The Witch/魔女」の自分の演技に不服で、自己評価で「100点満点中60点」
Netflixのドラマ「梨泰院クラス」でも主演し、注目されている

キム・ダミ

平凡な女子高生ジャユン
だが、その正体は特殊な能力を持つ殺人マシーンだった
田舎の女子高生の素朴で自然な表情
それがいきなり変貌し、敵を容赦なく始末する
見ていてゾッとした

特にクライマックスは息を呑む迫力
その演技に完全に圧倒された
様々な新人賞を総なめにしたのも頷ける

チェ・ウシク

かつてジャユンと同じ施設で育った青年
超人的な能力を持っている
いつも笑顔
だが、その目は狂気に満ちている

「パラサイト 半地下の家族」の長男役で有名になったチェ・ウシク
これまでは軽薄でどこか頼りない役柄が多かった
しかし、本作では超人グループのリーダーで、まがまがしいキャラクターを演じている
こんな悪役もできるとは驚き
チェ・ウシクはNetflixオリジナル映画の「狩りの時間」も傑作

こいつは凄い!! 凄まじい緊張感 激しい銃撃戦 後半は下手なホラー映画より怖かった Netflixオリジナル映画 韓国では4月10...

記憶

記憶を失った主人公が、実はプロの暗殺者
エンターテイメントの一つの定番である
有名なのは「ボーン・アイデンティティー」
女性が主人公という意味では、レニー・ハーリン監督の「ロング・キス・グッドナイト」の方が近いだろう

記憶を失った女子高生が、実は最高のアサシン

…………ああ、このパターンね
ありがちだな

最初はそう思って、油断して見ていた

ところが、この「The Witch/魔女」はそのありがちなパターンを逆手に取ってきた
こちらが安心しきっていたところに、カウンターを食らわせてきたのである
正直、度肝を抜かれた

伏線はいくつも張られていた

隠れるのに理想の家
子供を亡くした夫婦
列車でチェ・ウシクが放った言葉

「お前が全てを忘れるなんて、ありえない」

その真相が明らかになった時、本作が全く別のものへと変貌した
思わずもう一度、最初から見直したくなった

クライマックス

記憶を失った女子高生が、実は特殊な能力を持った最強のアサシン
そんなアクション映画を期待していると、途中まではもどかしく感じるかも知れない
主人公がその能力を発揮するのは、映画の終盤である
それまでは彼女の日常と、忍び寄る危機が描かれる
スリラーとしては秀逸だが、派手なアクションは見られない

だが、ジャユンが覚醒するクライマックスは怒涛の展開
超絶なアクションの連続である
見る前に懸念していたのは、女子高生が最強といってもリアリティに欠けるのではないかということ
果たして説得力のある映像になるのか?

そんな懸念は一瞬で吹き飛んだ
目にも止まらぬ早さで敵を始末していくジャユン
キム・ダミの演技も相まって、圧倒的だった
「魔女」という言葉の意味を思い知った

ジャユン
チェ・ウシク率いる超人グループ
能力者を全て始末するように命令を受けている戦闘集団

クライマックスは三つ巴の戦いとなる
それまで溜めに溜めただけあって、異様にテンションの高い見せ場となっている
このクライマックスのためだけでも、本作を見る価値があるだろう

続編

この「The Witch/魔女」の原題はThe Witch: Part 1. The Subversion
最初から続編が予定されている
ラストでジャユンの前に現れた謎の少女
彼女は何者なのか?
少女にジャユンは言う

「お姉ちゃんに手を出したら、その首が飛ぶわよ」

このセリフから分かるのは、少女はジャユンの妹的存在
つまり次世代の能力者だと思われる

現在、判明していることは「The Witch/魔女」の続編のタイトルは、「The Witch:Part 2.The Collision」
Collisionとは衝突という意味である

物語はジャユンのルーツを探るものになるのではないかと見られている
「ボーン・アイデンティティー」も自分探しの物語だった
「The Witch/魔女」がそうなるのも自然なことと思える
公開はおそらく2022年以降になるのではないかとのこと
続編ではタイトル通り謎の少女とジャユンとの対決か見られるのか?
非常に楽しみだ

まとめ

ありがちな記憶喪失もの
そう思わせて全てをひっくり返す脚本が凄い
キム・ダミの演技も圧倒的
クライマックスは息を呑む凄まじさ
ハリウッドに引けを取らない傑作エンターテイメントである


Manyeo (2018) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/the_witch_subversion
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/365750

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする