Netflix「ワウンズ: 呪われたメッセージ」感想 携帯に届く謎のメッセージ!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixのホラー映画
正直言って、つまらなかった
全編に渡ってゴキブリが出てきて、生理的に無理
物語も思わせぶりなだけで、全く進まないし意味不明
登場人物も誰1人、共感できない
見ている間、苦痛だった
不穏な空気はちょっと魅力的だが、ホラーにしては怖くもない
いつになったら面白くなるんだと、我慢して見ていたら終わってしまった
アーミー・ハマーの熱演がもったいない
とりあえずゴキブリが嫌いな人は見ない方がいいだろう


予告編

作品情報
作品名「ワウンズ: 呪われたメッセージ」(原題Wounds)
監督:バク・アンヴァリ
キャスト:アーミー・ハマー、ダコタ・ジョンソン、ザジー・ビーツ、ブラッド・ウィリアム・ヘンケ
上映時間:95分
製作国:イギリス、アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

バーテンダーのウィルは客の一人が残していった携帯電話を拾う。しばらくしてその携帯電話に謎のメッセージが送られてきて………………

感想(ここからネタバレ)

同じ日に配信されたホラー「ELI/イーライ」は楽しめたのだが、こちらは………………

普通に怖い そして面白い 恐怖演出が巧みで、大きめのボリュームで鑑賞したらかなり心臓に悪かった さらにストーリーが凝っている 先が読...

謎のメッセージ

ニューオーリンズ
ある日の夜、バーテンダーのウィルはいつものように仕事にいそしんでいた
店は常連客で賑わっていた
4人の若者が入ってきて、ビールを注文した
ウィルは未成年ではないかと疑ったが、追求せずにビールを渡した

ビリヤード台で客同士の喧嘩が始まった
テーブルが倒れ、酒瓶が割れた
ウィルは必死に喧嘩を止めた
警察を呼ぶと、若者たちは逃げるように店を出て行った

喧嘩の後始末をしていると、床に携帯電話が落ちていた
若者の1人が持っていたものだ
ウィルはそれをポケットにしまった

家に帰ると、携帯電話が鳴った
メッセージが入っている

「助けて」

画面にはそう表示されていた………………

アーミー・ハマー

アーミー・ハマーは「ローン・レンジャー」で主役のローン・レンジャー役でジョニー・デップと共演

ガイ・リッチー監督の「コードネーム U.N.C.L.E.」ではロシアのトップ・エージェント役でヘンリー・カヴィルと共演している

この「ワウンズ」では不可解な出来事に巻き込まれていくバーテンダーのウィル役を演じている
見知らぬ携帯電話を拾ったことで、底知れない恐怖に陥っていく
日常が非日常へ
精神を蝕まれていくウィルの姿は、「シャイニング」のジャック・ニコルソンを彷彿とさせた
アーミー・ハマーはアクション映画のイメージが強かったので、こういった演技も出来るのかと感心
新境地を開いたかも知れない

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

とにかく最初から最後までゴキ〇リのオンパレード

このゴキ推しは何なの!?

ホラー映画で怖いのには耐性があるが、この黒い悪魔だけは駄目だ
不快感しかない
クライマックスは文字通り、画面がゴキで覆いつくされる
マジで勘弁して
正直言って、幽霊の方がマシだよ!!

ホラーとしての出来

とにかくストーリーが退屈
思わせぶりなだけで全く話が進まない

「そろそろ誰か死なねーかな」

そんな不埒なことを考えてしまった

さらにはストーリーが意味不明
「傷の翻訳書」という呪われた本が物語の焦点らしいが、そのわりには画面にほとんど出てこない
扉が開くとかもったいぶるだけで、何も起きない
正直、物語を読み解く気も起きない
思わせぶりなだけの雰囲気映画だった

せめてもっと怖い場面とか見せ場を用意してくれ
このバク・アンヴァリって監督、観客を楽しませる気あるのか?
そもそもこの作品、全米公開が取り止めになって、Netflixに売られたらしい
この出来なら無理もないと感じざるを得ない

まとめ

雰囲気だけの思わせぶり映画
良いところを探そうとしたが無理
せいぜいアーミー・ハマーの熱演ぐらいだろう
でも残念ながらキャラクターに魅力がない
ホラー映画としては期待しない方がいい
とりあえずゴキは勘弁!!

年末に2018年のNetflixオリジナル映画のベスト10を選んだ 早いもので、あれからもう半年がたった その間、Netfl...


Wounds (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/wounds_2019

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする