Netflix知る人ぞ知る傑作コメディ7選【2018年10月版】

コメディというジャンルはただただ笑えるものから、人生のほろ苦さを感じさせるものまで、とても幅広い
どうせなら見終わった後に爽快な気分になりたい
ここでは現時点でNetflixで見られる個人的におすすめなコメディ映画を、IMDb(INternet movie datebase)のスコアと共に7本紹介する

スポンサーリンク
PC用

「パパVS新しいパパ」

監督:ショーン・アンダース
キャスト:ウィル・フェレル、マーク・ウォールバーグ、リンダ・カーデリニ
上映時間:96分
製作国:アメリカ(2015年)

予告編

マーク・ウォールバーグウィル・フェレル
豪華2大スター共演で全米で大ヒット
日本未公開なのが信じられない!!

ブラッドはラジオ会社の重役で、バツイチの女性サラと結婚
サラには二人の連れ子がいた
ブラッドは二人と仲良くなりたいが、真面目で穏やかな性格の彼を子供たちは退屈だと思っている様子
そこにサラの元夫で子供たちの父親のダスティが訪ねてくる
元特殊部隊でワイルドでセクシーなダスティ
子供たちは久しぶりに会ったパパにすっかり夢中
激しい嫉妬に燃えるブラッドは、何とか子供たちを振り向かせようとするのだが………………

空港に革ジャンを着たワイルドなマーク・ウォールバーグが登場するシーンから爆笑!!
子供たちを振り向かせようとエスカレートするパパ同士の戦いが面白い
争いの果てに全く正反対の二人に友情が芽生えるのも好き
2017年には続編である「パパVS新しいパパ2」も公開され大ヒット
コメディ好きなら必見!!


Daddy's Home (2015) on IMDb

「ブルー・ストリーク」

監督:レス・メイフィールド
キャスト:マーティン・ローレンス、ルーク・ウィルソン、ウィリアム・フォーサイス
上映時間:94分
製作国:アメリカ(1999年)

予告編

「バッドボーイズ」のマーティン・ローレンス主演
宝石泥棒のマイルズは2千万ドルのダイヤモンド“ブルー・ストリーク”を盗み出すことに成功
だが、警察に包囲され、とっさに建設中の建物にダイヤを隠す
2年後、出所したマイルズはさっそくダイヤを回収に向かう
しかし、建設中だったそこは、立派な警察署になっていた
諦めきれないマイルズは刑事を装って署内に潜入するのだが………………

これは掘り出し物のアクション・コメディ
刑事を装ったコソ泥がその気もないのに活躍してしまい、ついには周囲から名刑事と称えられる姿に爆笑
果たしてマイルズは宝石ブルー・ストリークを手に入れることが出来るのか?
笑いとスリルが絶妙にミックスした傑作である
「ビバリーヒルズ・コップ」などが好きな人にはおすすめ


Blue Streak (1999) on IMDb

「なりすましアサシン」

監督:ジェフ・ワドロウ
キャスト:ケビン・ジェームズ、アンディ・ガルシア、ズライ・エナオ、モーリス・コンプト
上映時間:96分
製作国:アメリカ(2016年)

予告編

「ピクセル」のケビン・ジェームズ主演
さえないサラリーマンのサムの趣味は小説を書くこと
伝説の暗殺者「ゴースト」を主人公にした小説を完成させるが、編集者の目にとまり出版が決まる
大喜びのサム
だが、出版された本には自伝小説と書かれていた
サムは本物の暗殺者と勘違いされ、ベネズエラのゲリラ組織に拉致されてしまい、大統領暗殺を命じられてしまう………………

Netflixオリジナル作品
凄腕の暗殺者と勘違いされたサラリーマンの男の物語
スケールの大きな勘違いドラマで、なかなか楽しめる
アクションも見どころ

True Memoirs of an International Assassin (2016) on IMDb

スポンサーリンク
PC用

「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」

監督:イーライ・クレイグ
キャスト:アラン・テュディック、タイラー・ラビーン、カトリーナ・ボウデン
上映時間:88分
製作国:カナダ(2010年)

予告編

森の湖にキャンプに来た大学生の若者たち
そこで出会った不気味な男二人組
いかにも怪しいその二人は………………

ただの気のいい中年男たちだった!!

だが、彼らを殺人鬼だと勘違いした若者たちは………………

ホラー映画好きなら捧腹絶倒間違いなし
タッカーとデイルを殺人鬼と勘違いし、襲い掛かる大学生たちが自滅していく姿が、不謹慎だが笑える
様々なホラー映画のパロディも面白い
でも、この作品が秀逸なのは、ただのおバカなパロディで終わってないところ
デブの中年デイルの成長物語にもなっているのだ
未見の人は是非!!

Tucker and Dale vs Evil (2010) on IMDb

「タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら」の感想はこちら

「12人の優しい日本人」

監督:中原俊
キャスト:塩見三省、相島一之、梶原善、豊川悦司、近藤芳正
上映時間:116分
製作国:日本(1991年)

予告編

三谷幸喜が大好きな「十二人の怒れる男」へのオマージュとして、「もし日本にも陪審制があったら?」という架空の設定で描いた法廷劇
ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた
被告人は若くて美しい女性
決を取ったところ全員が無罪
あっさり審議は終了するかと思われたが、一人の男が有罪へと転じたために審議は思わぬ方向に………………

三谷幸喜の映画では一番面白い!!
三谷作品は大好きだが、映画ではこれを越えるものはなかった
12人の陪審員のキャラクターが見事
どんでん返しの連続で手に汗握る
いかにも日本人な描写にも笑い
密室劇だが緊迫感も凄まじい
そして、最後には爽やかな気分になれる
おすすめ

Juninin no yasashii nihonjin (1991) on IMDb

「メガマインド」

監督:トム・マクグラス
キャスト:ウィル・フェレル、ブラッド・ピット、ティナ・フェイ、ジョナ・ヒル
上映時間:96分
製作国:アメリカ(2010年)

予告編

ドリームワークス製作の3DCGアニメーション映画である
日本では劇場未公開
悪の天才のメガマインドは日々、宿敵のスーパーヒーロー、メトロマンと戦いを繰り広げていた
だがある日、うっかりメトロマンを倒してしまう
ライバルのいなくなった世界は張り合いがなく退屈だった
仕方なくメガマインドは新たなライバルを自ら作り出そうとするが………………

これぞ隠れた傑作アニメ!!
この出来で劇場未公開とは嘆かわしい
悪玉の方を主人公にするという逆転の発想が見事
いざライバルを倒してしまうと、生きがいをなくして途方に暮れる姿も面白い
これは必見作!!

Megamind (2010) on IMDb

「フェリスはある朝突然に」

監督:ジョン・ヒューズ
キャストマシュー・ブロデリック、アラン・ラック、ミア・サラ、ジェニファー・グレイ
上映時間:103分
製作国:アメリカ(1986年)

予告編

ジョン・ヒューズ監督の言わずと知れた名作
古い作品なので見てない人がいるかもと思い紹介
ある日、フェリスが目を覚ますととてもいい天気
こんな日に学校に行くなんてもったいない
フェリスは仮病を使って学校をズル休み
しかし、フェリスを目の敵にしている校長のルーニーは、何とかズルの証拠を掴もうと………………

ストーリーは主人公が1日学校をズル休みするだけ
しかし、それがめっぽう面白い!!
笑えてハラハラして愉快な気分になり、何より楽しい
これぞエンターテイメント!!
今、見直しても斬新
爽快な気分になれる必見作である

Ferisu wa aru asa totsuzen ni (1986) on IMDb

「フェリスはある朝突然に」の感想はこちら

関連記事

Netflix知る人ぞ知る傑作ホラー7選【2018年7月版】

Netflix知る人ぞ知る傑作サスペンス7選【2018年9月版】

ブログTOP

スポンサーリンク
PC用
スポンサーリンク
PC用
PC用

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする