【全米興行成績】「バッドボーイズ フォー・ライフ」が新記録樹立!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. 「バッドボーイズ フォー・ライフ」
2. 「1917 命をかけた伝令」
3. 「ドクター・ドリトル」
4. 「Gretel & Hansel」
5. 「The Gentlemen」
6. 「ジュマンジ ネクスト・レベル」
7. 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」
8. 「The Turning」
9. 「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」
10. 「The Rhythm Section」

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

2月2日にアメリカ最大のスポーツ・イベントである米プロフットボールNFLの王座決定戦「スーパーボウル」が開催された
そのため例年のごとく映画興収は伸び悩んだ
そんな中、「バッドボーイズ フォー・ライフ」1770万ドルで3週連続1位を獲得した
1作目の「バッドボーイズ」が全世界で累計1億4,100万ドル
2作目の「バッドボーイズ2バッド」が2億7,100万ドル
「バッドボーイズ フォー・ライフ」は2億9100万ドルとなり、シリーズ最高記録を達成した

ウィル・スミスとマーティン・ローレンス主演 「バッドボーイズ」シリーズ17年ぶりの続編 ところがそんなブランクを感じさせないほど、2人の...

2位は前週と変わらず「1917 命をかけた伝令」
興収は960万ドルだった
全世界で累計2億4,900万ドルと好調
もし2月9日にオスカーを獲得できれば、さらなる伸びも期待できる

3位も前週と同じで「ドクター・ドリトル」
興収は770万ドルだった

4位に初登場はダーク・ファンタジー「Gretel & Hansel」
興収は600万ドルと冴えない結果となった
ただ製作費もわずか500万ドルなのが救い

グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」をホラー・タッチで映画化
時は中世
16歳のグレーテルは8歳の弟ヘンゼルを連れて、食料を探して森の中をさまよっていた
疲労と空腹がピークに達した頃、2人は森の奥でお菓子の家を発見した
女主人は2人を暖かく迎えてくれたが、その正体は恐ろしい魔女だった………………

シネマスコアは「C-」
IMDbは5.7/10
ロッテントマトの批評家支持率は56%、観客支持率は21%
内容は退屈だが、ビジュアルは魅力的だと評された
主演は「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のソフィア・リリス
共演にアリス・クリーグ、ジェシカ・デ・ゴウ、サム・リーキー
監督は「呪われし家に咲く一輪の花」のオズ・パーキンス

さらに悲惨なデビューとなったのが10位の「The Rhythm Section」
興収はわずか280万ドル
これは3000館以上で公開された作品では史上最悪のオープニング成績である
製作費5000万ドルの作品としては、かなり厳しい結果となった

マーク・バーネルの「堕天使の報復」を映画化したクライム・アクション
ステファニー・パトリックは3年前の飛行機事故で、愛する家族を失った
生きる気力を失い、自堕落な生活を送っていたステファニー
ところがその悲劇的な事故が、何者かによって仕組まれたものだと知って………………

シネマスコアは「C+」
IMDbは5.5/10
ロッテントマトの批評家支持率は32%、観客支持率は42%
予定調和でありがちなストーリーだと不評だった
主演は「ロスト・バケーション」のブレイク・ライヴリー
共演はジュード・ロウ、スターリング・K・ブラウン
監督は「孤独なふりした世界で」のリード・モラーノ

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする