Netflix「アンカット・ダイヤモンド」あらすじとネタバレ感想 アダム・サンドラーの圧倒的な演技!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかくアダム・サンドラーの熱演が凄い
その狂気に圧倒された
物語は正直、前半は退屈
主人公のハワードがギャンブル中毒で、全く共感できない嫌な奴
上映時間も2時間15分もあり、かなり中だるみした
娯楽性はかなり薄い
いつものコミカルなアダム・サンドラーを期待すると、失望するだろう
その代わり、人生の崖っぷちに立っているハワードというキャラクターはよく描けていた
いかがわしい役柄がアダム・サンドラーにピッタリ
中盤から物語もかなり面白くなる
クライマックスの緊迫感と盛り上がりは凄まじい
どちらかというと批評家の喜びそうな作品である
見ごたえのある作品を求めている人にはお勧め
アダム・サンドラーの最高の演技を見ることが出来る


予告編

作品情報
作品名「アンカット・ダイヤモンド」(原題Uncut Gems)
監督:ベニー・サフディ、ジョシュ・サフディ
キャスト:アダム・サンドラー、ラキース・スタンフィールド、ケヴィン・ガーネット、ジュリア・フォックス、イディナ・メンゼル
上映時間:135分
制作国:アメリカ(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

ニューヨークで宝石商を営むハワード・ラトナーは重度のギャンブル中毒。彼の借金は義兄のアルノにまで及んでいた。ある日、ハワードはエチオピアから珍しいブラック・オパールを手に入れるが………………

感想(ここからネタバレ)

「アンカット・ダイヤモンド」は2019年12月25日に全米で公開された
初登場7位だった

1. 「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」 2. 「ジュマンジ ネクスト・レベル」 3. 「ストーリー・オブ・マイライフ わた...

窮地

ハワード・ラトナーはニューヨークで宝石商を営んでいる
だが、重度のギャンブル中毒で、義兄のアルノからも10万ドルの借金をしていた
いつまでたっても金を返さないハワードに、アルノは自分のボディガードたちを取立人として差し向けた
その男たちに、ハワードはいつも監視されていた

ある日、エチオピアから宅配便が届いた
それはハワードが苦労して入手したブラック・オパールだった
これで大金が手に入り、全てが上手くいく
舞い上がったハワードは、店に来ていたNBAのケヴィン・ガーネット(K.G)にそれを見せた
K.Gはすっかりブラック・オパールに魅せられた
今夜の試合に持っていくので、貸してくれという
ハワードはしぶしぶ同意して、K.Gの指輪を担保として受け取った

娘の学校でハワードは、アルノとそのボディガードたちに待ち伏せされた

「期日までに金を返さないと容赦しない」

ハワードは車の中で脅された
あのブラック・オパールがあれば何とかなる
ハワードにとってあの宝石だけが望みの綱だった
ところがK.Gはいつになっても、ブラック・オパールを返そうとしなかった………………

サフディ兄弟

ベニー・サフディジョシュ・サフディ
サフディ兄弟はニューヨークを拠点として活躍している
ロバート・パティンソン主演の「グッド・タイム」で有名
この作品は第70回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された

次回作は「48時間」のリメイクだといわれている

アダム・サンドラー

アダム・サンドラーは全米で絶対的な人気を誇るコメディ俳優
「ウォーターボーイ」「ビッグ・ダディ」「50回目のファースト・キス」など出演作多数
近年はNetflixを中心に活動している
この「アンカット・ダイヤモンド」は2015年の「ピクセル」以来の劇場公開作品

アダム・サンドラー演じるハワード・ラトナー
ニューヨークで宝石商を営んでいる男

ギャンブル中毒
借金まみれ
外には愛人

とにかく最低な男で、全く感情移入できなかった
ある意味、すごくリアルなキャラクターだ

演じるアダム・サンドラーの熱演が凄い
やることなすこと、全てが裏目
だが、まったく同情できない
全部、自業自得

最低のダメ人間
しかし、最後に光明が見える
何とか全てが丸く収まりそうだ
そこからのハワードの予期せぬ行動に驚愕

アダム・サンドラーは一世一代の名演
窮地に追い込まれた男の情けなさと狂気を見事に演じた
何故これでアカデミー主演男優賞にノミネートされなかったのか、謎でしかない
アダム・サンドラーの演技のためだけでも、見る価値がある

遺産をめぐって巻き起こる連続殺人 たまたま居合わせた庶民夫婦 犯人はこの中の誰なのか? これは面白い コミカルだが本格ミステリー ...

ブラック・オパール

エチオピアから採掘されたレアな宝石ブラック・オパール
これが物語の中で大きなカギを握る
ハワードはこれで起死回生の逆転を狙う

それがもたらすのは幸運か
それとも破滅か

宝石に魅せられ、踊らされる男たち
人間の羨望と欲望の象徴
その美しさには魔性すら感じる

狂気

重度のギャンブル中毒で、借金まみれのハワード
しかし、紆余曲折があった末、借金を返せるだけの大金が手に入る
何とかハッピーエンドで終わりそう………………

そう思ったところで、ハワードはまさかの行動に出る
手に入った全額をK.Gの出る試合に賭けるのだ
この時のアダム・サンドラーの演技が凄い
これこそ常軌を逸した人間
背筋が寒くなった
まさに欲望と狂気を体現してみせた

物語は破滅に突き進む
壮絶な幕切れに度肝を抜かれた

まとめ

とにかくアダム・サンドラーの演技が凄まじい
娯楽性は乏しいので、見る人を選ぶだろう
終盤の展開がまさに衝撃
万人には勧められないが、長く記憶に残る作品になるだろう


Uncut Gems (2019) on IMDb


Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/uncut_gems
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/370968

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする