映画「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」感想と解説(ネタバレあり) コナン、パスポート持ってなかった!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「名探偵コナン」の劇場版23作目
今回のキーパーソンは怪盗キッドと400戦無敗の空手家、京極真
初めて海外が舞台になるなど、見どころも多い
怪盗キッドの魅力満載
コナンとのコンビっぷりも楽しい
初の劇場版出演となる京極真の豪快なアクションも凄い
ミステリー
スペクタクル
恋愛模様
相変わらず盛りだくさんで安定のクォリティである
「名探偵コナン」が好きな人
怪盗キッドや京極真が好きな人
見るしかないだろう


予告編

作品情報
作品名「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」
監督:永岡智佳
キャスト:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平、緒方賢一、林原めぐみ、山崎育三郎、河北麻友子
原作:青山剛昌
上映時間:109分
製作国:日本(2019年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

シンガポールのマリーナベイ・サンズで殺人事件が発生。現場には怪盗キッドの血塗られた予告状が残されていた………………

感想(ここからネタバレ)

「名探偵コナン」はそこまでファンというわけではない
ただ基本的な知識はあり、劇場版もそれなりに見ている
今回は初の映画館での鑑賞となった

紺青の拳(フィスト)

19世紀末にシンガポールの海底に沈んだとされる世界最大のブルーサファイア「紺青の拳」
それを現地の富豪が回収に成功した
そんな折、マリーナベイ・サンズで女性が殺される
現場には怪盗キッド血まみれの予告状が残っていた

その頃、園子はシンガポールに来ていた
そこで空手トーナメントが開催され、それに園子の恋人、京極真が出るからだ
パスポートを持っていないコナンは日本で留守番
ところが怪盗キッドに拉致され、強制的にシンガポールに連れてこられてしまう
怪盗キッドは工藤新一に化けて、蘭たちと同行していた
蘭や園子に見つかり焦ったコナンは、とっさに地元の子供でアーサー・ヒライだと名乗ってしまう

コナンはパスポートを持っていない
そのため日本に帰るには怪盗キッドの協力が必要だ
半ば脅される形で、コナンはキッドに力を貸すことになった

キッドの狙いはブルーサファイア「紺青の拳」だった
ある邸宅の地下金庫に保管されていると知ったキッドは、いともたやすく侵入に成功する
しかし、キッドの前に400戦無敗の空手家、京極真が立ちはだかった………………

江戸川コナン

キッドに拉致されシンガポールまで強制連行されたコナン(笑)
蘭たちにはアーサー・ヒライと名乗ってしまう

キッドがいないと日本に帰れないコナン
しぶしぶキッドに協力することになる
そのため今までにないぐらいコンビで行動
こいつら普通に友達だろ
ただ別人を装っているため、意外と蘭との絡みは少ない
そこは物足りない人もいるかも

怪盗キッド

本作ではキッドの魅力が炸裂
派手でトリッキーなアクションも見どころだが、注目すべきは日常シーン
素のキッドが描かれるシーンが多いのだ

工藤新一に変装して蘭たちに同行しているキッド
それが面白くないコナン(アーサー・ヒライ)
何かと二人が接近するのを邪魔するのが面白い
また今回のキッドはかなり三枚目の面が強調されている
そのため、親近感の持てるキャラになっている
実は今までキッドのことが苦手だったのだが、本作でちょっと好きになった

宝石を狙う怪盗としての一面も相変わらず魅力的だ
その華麗な技の数々に惚れ惚れ
日常と非日常のギャップが今回は際立っているように感じた

京極真

劇場版本格参戦の京極真
その化け物じみた強さは健在
正直、このキャラに関してはあまり詳しくなかったのだが、普通にいい奴だった

京極には格闘アクションの見せ場が、これでもかと用意されている
大画面で見ると大迫力
ここまで超人じみた強さだと、いっそ清々しい
そんな京極も園子の前ではウブ
そのギャップがたまらない!!(何いってんの?
あまりのピュアさに悶絶しそうになった
まあ、園子のどこが良かったのかは永遠に謎だが!!オイ

その他の登場人物

毛利蘭
新一と恋人になって初めての劇場版
意外と積極的でびっくり!!(相手は新一に化けたキッドだけど
今回は出番は控えめだった

鈴木園子
本作では蘭以上に出番の多かった園子
京極とのラブラブっぷりが描かれた
また意外と脆い一面も見せてくれる

レオン・ロー
本作のオリジナル・キャラ
シンガポールの名探偵と呼ばれている
色々と暗躍する胡散臭い男
演じるのはミュージカル俳優の山崎育三郎

初めての海外

シンガポールが舞台となった本作
これだけシリーズが長く続いて、海外が初めてとは意外だった
だが、理由を聞いて納得
コナン、パスポート持ってないもんね!!

海外が舞台ということで、なかなか新鮮に見れた
毛利小五郎の名探偵っぷりがシンガポールでも有名で驚き
このオッサン、どれだけ有名なの!?
またマリーナベイ・サンズなど、シンガポールの名所が効果的に使われていた

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

作画

劇場版だけあって、作画のクォリティが高い
スクリーンで見ても、全く見劣りしない
異国が舞台ということで、いつもとは違うヴィジュアルが良かった
アクションシーンの動きも素晴らしい
キッドの飛行シーン
京極の格闘シーンなど迫力満点だった
まさに劇場にふさわしいレベルである

ミステリー

予想以上に本格的なミステリーで驚いた
派手なアクションとは別に、謎解きシーンも用意されている
まさに「名探偵コナン」たるゆえんだろう
意外な黒幕などひねりもある
こういうところがシリーズが長く続いている秘訣なのかも知れない

スペクタクル

劇場版「名探偵コナン」の名物といえばコレ
本作でもクライマックスではド派手な見せ場が用意されている
建物崩壊など当たり前
その破壊っぷりは海外が舞台でも健在だ

日本の実写では絶対に無理
そういう意味ではアニメがうらやましい
今後も遠慮せずにどんどんやって欲しい

恋愛

新一と蘭が恋人になってから初めての劇場版
さぞ凄いことになるだろう!!
そう思っていたら、あんがい抑え目だった
まあ、アーサー・ヒライだから仕方ないか!!

それに対して、今回メインとなるのは園子京極のカップル
特に園子は色々な表情を見せてくれる
ワガママな園子と生真面目な京極
意外と似合いのカップルなのかも
特に絆創膏のシーンは恥ずかしくて身悶えした

残念な部分

怪盗キッドと京極真の宿命の対決
本作はそれがメインだと思っていた
ところが前半にちょっとやり合っただけ
これにはガッカリ
後半になったら二人の絡みはほとんどなし
というか京極、完全にキッドのこと忘れてただろ
キッドパート京極パート
どちらも面白いが分離したような印象になったのは残念

また怪盗キッドがメインとなる劇場版は、黒の組織など本筋の絡まないイベント的な作品になりがちなところがある
そこが物足りないと感じる人はいるかも知れない

興行成績

前作「名探偵コナン ゼロの執行人」91.8億円という驚異的な興行成績だった
もちろんシリーズ歴代1位である

ここしばらく右肩上がりを続けている「名探偵コナン」シリーズ
果たして「紺青の拳」は「ゼロの執行人」を越えられるのか?
作品の出来は悪くないが、正直難しいだろう
怪盗キッド出演の劇場版で最高記録は、2015年の「名探偵コナン 業火の向日葵」44.8億円である
まずはこれを越えること
つまり50億を越えれば及第点といってもいいのではないか
とはいえ、今のシリーズの勢いなら楽勝で越えそうでもあるが

劇場版「名探偵コナン」の勢いが凄まじいことになっている 2012年に公開されたシリーズ16作目「名探偵コナン 11人目のストライカー」以降...

次回予告

意外とコナンファンって静かだな

劇場で鑑賞していて、そんな風に思っていたら、次回予告で場内がどよめいた

次はあの人かよ!!

これは大変なことになりそうだ

まとめ

初めて映画館で見た劇場版「名探偵コナン」
なかなか楽しめた
まるで「男はつらいよ」シリーズを見ているような謎の安心感
1年に1度のイベント
こういうのもあんがい悪くない

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=366398

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする