「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」怪盗キッドと京極真は安室透に勝てるのか!?【興行収入】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

劇場版「名探偵コナン」の勢いが凄まじいことになっている
2012年に公開されたシリーズ16作目「名探偵コナン 11人目のストライカー」以降、興行収入が右肩上がりとなっているのだ

2012年「名探偵コナン 11人目のストライカー」32.9億円
2013年「名探偵コナン 絶海の探偵」36.3億円
2014年「名探偵コナン 異次元の狙撃手」41.1億円
2015年「名探偵コナン 業火の向日葵」44.8億円
2016年「名探偵コナン 純黒の悪夢」63.3億円
2017年「名探偵コナン から紅の恋歌」68.9億円

そして2018年の「名探偵コナン ゼロの執行人」がなんと91.8億円
2018年の映画興行収入ランキングでも「ボヘミアン・ラプソディー」「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 」に続いて第3位となっている
「ジュラシック・ワールド 炎の王国」や「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」も上回った
年間第1位だったとしても不思議ではない好成績である

ついに2019年の「名探偵コナン」の劇場版の詳細が明らかになった
そのタイトルは「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」
4月12日公開である

「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」

本作のキーパーソンになるのは第19作『業火の向日葵』以来、4作ぶりに登場の怪盗キッド
そして、空手家・京極真である
劇場版シリーズでは初の海外となるシンガポールが舞台となる

19世紀末にシンガポールの海底に沈んだとされるブルーサファイア「紺青の拳」
それを狙う怪盗キッド
だが、キッドの前に最強の空手家、京極真が立ちはだかった
一方、コナンは強引にキッドにシンガポールに連行され、正体に気づいてない蘭にとっさにアーサー・ヒライと名乗ってしまう(笑)

シンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎と事件
そして怪盗キッド、京極真、コナンの三つ巴のバトルが繰り広げられる

怪盗キッド

通称「月下の奇術師」
正体は江古田高校に通う高校2年生の黒羽快斗
実はキッドとしては二代目で、初代は天才的マジシャンだった彼の父親
快斗は亡き父の死因を探っている
コナンとはライバル関係
外見は蘭ですら区別がつかないほど工藤新一とうり二つ

京極真

通称「蹴撃の貴公子」
杯戸高校空手部主将で400戦連勝無敗
強い敵を求めて海外で武者修行中
鈴木園子の彼氏
古風な価値観の持ち主で、園子が肌を露出していたり短いスカートを履いていると注意する

「ゼロの執行人」を越えられるか

驚異的な右肩上がりをしている劇場版「名探偵コナン」シリーズ
最新作「紺青の拳」もヒットは間違いない
そのことを疑う者はいないだろう
ただ気になるのは驚異的なヒットを飛ばした前作「ゼロの執行人」
果たしてその記録を越えて、シリーズの右肩上がりを続けられるかということ

近年のアニメ映画のヒット作といえば代表的なのは「君の名は」
250億円というモンスター級のヒットである
この作品を別格とすれば2013年の「風立ちぬ」が120億円
2010年の「借りぐらしのアリエッティ」が92.5億円である
つまりここ10年で「ゼロの執行人」よりヒットしたアニメ映画は「君の名は」とジブリ作品だけなのだ
いかに「ゼロの執行人」の興収が規格外だったかが分かるだろう

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

安室透

そして、その爆発的なヒットの推進力となったのが、安室透だと言われている
安室透とはトリプルフェイス(3つの顔)を持つ男である

1つは私立探偵で毛利小五郎の弟子であり、喫茶ポアロでアルバイトをしている29歳の安室透
1つは「黒の組織」のメンバー、バーボン
そして、もう1つは警察庁警備局警備企画課、通称ゼロに所属している公安警察の降谷零

「純黒の悪夢」で注目が集まり、「ゼロの執行人」で人気が爆発した
「安室透を100億の男にする会」なるものがSNS上で発足し、中には100回劇場に足を運んだという熱狂的な女性ファンも現れた
「ゼロの執行人」の爆発的ヒットは安室透の存在なくてはありえなかっただろう

怪盗キッド出演作

最新作の「紺青の拳」で安室に代わってキーパーソンになるのは人気キャラクター、怪盗キッド
すでに劇場版にも何度も登場している

1999年「名探偵コナン 世紀末の魔術師」26億円
2004年「名探偵コナン 銀翼の奇術師」28億円
2006年「名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌」30.3億円
2010年「名探偵コナン 天空の難破船」32億円
2015年「名探偵コナン 業火の向日葵」44.8億円

このように安定した人気を保っている
「純黒の悪夢」以降のコナン映画の興収の伸びは凄まじい
おそらく「紺青の拳」は怪盗キッド出演作の最高記録を更新すると予想される

怪盗キッドと京極真

もう一人のキーパーソン、京極真
二人は過去にも一度対決している
面白い組み合わせである
怪盗キッドの人気は安定しているが、6作目となると若干のマンネリ感も否めない
だが、劇場版で初のキーパーソンとなる京極真を組み合わせることで、新鮮なワクワク感を提供するのに成功している
この辺りは上手く考えられている
ただ、それでも安室透の人気にはかなわないだろう

社会現象

「ゼロの執行人」の91.8億円という数字は、人気作品だから到達できるという生半可なものではない
社会現象とも呼ぶべき追い風が必要である
「名探偵コナン」という作品への信頼感
それに安室透というキャラクターの人気が組み合わさり爆発した
社会現象とは計算して起こせるものではない
「ゼロの執行人」がここまで大ヒットするとは関係者も読めなかったのではないか
劇場版「名探偵コナン」の右肩上がりも、「紺青の拳」でいったん落ち着く可能性が高い
その場合、失望の声も聞かれるだろう

ただここで問題となるのは、右肩上がりしなければ駄目なのかということ
つねに前作を上回るヒットを飛ばす
そんなことが永遠に可能なわけがない
「ゼロの執行人」の特大ヒットはあらゆる意味で計算外だった
劇場版「名探偵コナン」シリーズの中でも特殊な例と考えるべきだ
「から紅の恋歌」の68.9億円
「紺青の拳」がこれを上回る70億以上のヒットを飛ばしたなら、ある意味正しい右肩上がりと言えるだろう
と言っても70億も簡単に達成できる数字ではないが

まとめ

ここまで「紺青の拳」が「ゼロの執行人」の興収を下回ることが決定しているかのように書いてきた
しかし、実際のところ、意外と上回る可能性もあるのではないかと思っている
それだけ近年の「名探偵コナン」シリーズは勢いがある
もし上回ったら本当に100億が視野に入るということ
「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」の公開は4月12日
楽しみに待つことにしよう

関連記事

「名探偵コナン ゼロの執行人」が2018年の国内興行ランキングで1位が取れるかどうかを検証しました。公開予定の様々な話題作と比較しています。
以前、僕はこんな記事を書いた 2918年4月13日に公開された「名探偵コナン ゼロの執行人」 青山剛昌原作の人気アニ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする