Netflix「ロストブレット -窮地のカーチェイス-」ネタバレ感想 ド迫力のカーアクション!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルのアクション映画
大興奮!!
これは面白かった
90分、中だるみなし
意表を突いた展開もあり、ラストまであっという間だった
絶体絶命の連続
窮地をどう乗り切るのか
面白いものを作ろうという情熱が、画面から伝わってくる
クライマックスのカーチェイスも熱い!!
アクション映画が好きな人
特に「TAXi」「トランスポーター」など、フランスのアクション映画が好きな人は必見


予告編

作品情報
作品名「ロストブレット -窮地のカーチェイス-」(原題LOST BULLET)
監督:ギヨーム・ピエレ
キャスト:アルバン・ルノワール、ニコラ・デュヴォシェル、ラムジー・ベディア、ステフィ・セルマ、ロッド・パラド
上映時間:93分
製作国:フランス(2020年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

天才整備士であるリノは強盗で逮捕される。だが、その腕前を見込まれ、麻薬対策班に整備士として雇われ…………

感想(ここからネタバレ)

「マッドマックス」の1作目を見た時のような興奮
ハリウッド以外でこんな熱いアクション映画が作られていると、嬉しくなる

麻薬対策班

リノは天才的な腕前を持つ整備士
その夜、リノは弟分のカンタンと共に、宝石店の襲撃を企てた
車で宝石店の入り口を突き破る
壁はコンクリートだ
普通なら不可能
だが、リノが改造したその車は、軽々と壁を突き破った

勢いあまってリノの車は、建物の反対側まで突き抜けた
カンタンは逃げたが、リノは車から出られず、警察に捕まった

しばらく経って、刑務所にいるリノを、麻薬対策班のシャラスが訪ねてきた
ヤクの運び屋は強力なマシンを使っている
警察車両では歯が立たない
リノの才能を見込んで、整備士として協力してくれと言うのだ

麻薬対策班で整備士としてリノが働くようになって、9ヵ月が過ぎた
リノがチューンアップした車は強力で、対策班は目覚ましい成果をあげた
しかし、班長のシャラスはまだ満足していなかった
警察が捕まえている運び屋は、ほんの一部だ
内通者がいるに違いない

リノは対策班のジュリアと付き合うようになった
だが、仕事が終わると、夜は刑務所に戻る毎日
リノは囚人として、肩身が狭い思いをしていた

そんなリノをシャラスは何かと面倒を見てくれた
そして警察への貢献が評価されて、リノは条件付きの早期釈放が認められた
リノはシャラスに感謝した

ある日、取り締まった運び屋の車から、特殊な装置が発見された
それはリノが捕まった時、車に取り付けていたものと同じだった
シャラスに追及されて、リノは宝石店襲撃には共犯者がいたことを白状した
弟分のカンタンだ
リノはシャラスに連れられて、カンタンがいるという廃車置き場に向かったが…………

リノ

天才的な腕前を持つ改造のプロ
宝石店を襲撃するが失敗
その才能を見込まれ、麻薬対策班の整備士としてスカウトされる

順風満帆だったのが、ある事件に巻き込まれて、対策班の仲間から追われるようになるリノ
孤立無援
無実を証明するため、リノが取った行動は…………
その腕前が活かされるクライマックスの展開が熱い
演じるのはアルバン・ルノワール

シャラス

麻薬対策班の班長
正義感が強く、面倒見のいい性格
リノの腕前にほれ込み、対策班にスカウトする
演じるのはラムジー・ベディア

衝撃の展開

麻薬対策班に整備士としてスカウトされたリノ
リノが改造した車両は凄まじい性能を発揮し、対策班は目覚ましい成果を上げるようになる
このまま対策班としての活躍が描かれるのか

そう思っていたらシャラスが、対策班の仲間に撃たれて死亡
衝撃の展開にビックリ!!
内通者は対策班のアレスキマルコだったのだ

シャラス殺しの犯人に仕立てられたリノ
本当のことを言っても、警察は囚人であるリノの言葉を信じない
捕まったらアレスキたちに殺される
リノは無実を証明するため、孤立無援の戦いを続ける
唯一の希望は車に残された犯人の弾丸

アクションやサスペンスが満載で、最後まで飽きさせない
ストーリーもなかなか面白かった
囚人という立場から、誰にも信用してもらえない絶望的なシチュエーション
真犯人のアレスキの憎々しさも良かった

フランスのアクション映画

「アルティメット」、「TAXi」、「トランスポーター」
フランスのアクション映画はかなりクォリティが高い
Netflixオリジナルの「土と血」も渋くて良かった

Netflixのフランス産のアクション映画 個人的にはかなり気に入った 最小限のセリフ 山間部の静けさ ギャングとの死闘 娘を守る...

フランス映画はカーアクションもハリウッド映画に負けないレベル
この「ロストブレット」のクライマックスも凄まじい迫力だった

死んだシャラスの愛車に撃ち込まれた弾丸
この車を警察署に届ければ、無実が証明できる
だが、行く手にはアレスキたちが武装して、待ち構えている
リノはチューンアップした車で、真正面から突っ込んでいく

まるでクリント・イーストウッドの「ガントレット」のような展開
これは熱い
カーチェイスも見ごたえがあり大満足

まとめ

掘り出し物の一作
フランスのアクション映画のレベルの高さを実感
最後まで緊張感が持続し、楽しむことが出来た
カーアクションあり、格闘あり、銃撃戦あり
アクション映画好きなら、見て損はない


Balle perdue (2020) on IMDb

Rotten Tomatoes
https://www.rottentomatoes.com/m/lost_bullet_2020
allcinema
https://www.allcinema.net/cinema/372963

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする