【海外の反応】Netflix「PLUTO」の評価は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「PLUTO」は2023年10月26日に、世界で配信された

手塚治虫の「鉄腕アトム」で人気のエピソード「地上最大のロボット」
それを浦沢直樹がリメイクした漫画「PLUTO」
2003年から2009年まで連載され、大きな話題を呼んだ
その「PLUTO」がNetflixでアニメ化
世界最高水準の7人のロボット
それが何者かにより、次々と破壊される事件が起こり…………

原作者の浦沢直樹も全面的に協力した「PLUTO」のアニメ
果たして海外ではどういう評価をされているのか?

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

「PLUTO」

スイス林野庁に所属するロボット・モンブランが、何者かに破壊された
それからしばらくして、スコットランドで盲目の音楽家に仕えていた執事ロボット・ノース2号も殺害される
調査を担当したユーロポールの刑事ロボット・ゲジヒトは、犯人の標的が大量破壊兵器となりうる、自分を含めた「7人の世界最高水準のロボット」だと確信する

一方でロボット法に関わる要人が、次々と殺される事件が発生
現場には人間の痕跡は残されていなかった
犯人はロボットなのか?
しかし、ロボットは人間を傷つけることは出来ないはずだ

捜査のため日本を訪れたゲジヒトは、世界最高の人工知能を持つロボット・アトムと会う
見た目も仕草も人間の子供にしか見えないアトムに、ゲジヒトは驚きを隠せなかった
自分より性能が上のアトムに、ゲジヒトは捜査の協力を要請するが…………

原作は浦沢直樹のコミック「PLUTO」

ゲジヒトを演じるのは藤真秀
アトムは日笠陽子
ウランは鈴木みのり
プルートゥは関俊彦
お茶の水博士は古川登志夫
監督は河口俊夫
アニメーション制作はスタジオM2

海外の評価

アメリカでは「PLUTO」のタイトルで配信された

PLUTO | Official Trailer | Netflix

現時点でのIMDbのスコアは9.0/10
ロッテントマトの観客支持率は96%となっている

メディアの評価

ESPINOF

「PLUTO」はここ数年で最高のNetflixアニメだ
「MONSTER」の作者によるSFスリラーは、恐怖と夢を抱く機械が登場する驚異の作品です
この物語は伝説的な手塚治虫の「鉄腕アトム」から、インスピレーションを得ています
ストーリーは刑事もののスリラーとして進行しますが、同時にロボットたちのトラウマ、夢、憧れを人間らしく描くという並外れた仕事もしています
エピソードは通常のアニメよりはるかに長いですが、非常にリズムが良く、決して重く感じたり、疲れたりすることはありません
「PLUTO」は視覚的にも驚異的で、光と色の使い方は美しく、スタジオM2によるアニメーションはリアルで繊細です
そして、この作品には鉄腕アトムへの見事なオマージュが付属しており、これ以上のものは望めません
5/5

Paste Magazine

史上もっとも優れた漫画家の1人である浦沢直樹の、最愛の作品がついに映像化されました
簡単に言えば、この「PLUTO」はSFの傑作です
このアニメ版の比較的ユニークな要素は、8つの60分以上のエピソードで、コミックのほとんどを網羅し、原作の最後まで一気に到達することです
Blu-rayが十分に売れて続きが見られるかどうかなど、心配しなくてもいいというのは本当に素晴らしい
全体として「PLUTO」は、最近の記憶の中ではもっとも感動的なアニメ作品の1つとなっています
人工知能についての考察は登場人物への共感で強化され、手垢のついた題材に命を吹き込みます
「PLUTO」はこの物語に登場するロボットたちと同じように、全てが人間味に満ち、美しく構築されたSF作品となっています
9.3/10

Polygon

伝説のマンガが、ついにそれにふさわしい映像化を実現
あなたはこの奇跡の作品「PLUTO」を見なければならない
Netflixの「PLUTO」は、全8巻の原作を贅沢に、忠実に再現しています
「PLUTO」は今年視聴できる最高のSF殺人ミステリーの1つです
8時間のエピソードで、登場する全ての人物は時間をかけて掘り下げられます
それは憂鬱な思慮深い雰囲気に覆われていますが、同時に切なくて驚異的です
「PLUTO」は今年最高のアニメの1つとして、有力な候補です

Digital Spy

Netflixの「PLUTO」はSFファン必見の作品で、AIのメタファーと反戦感情が見事に融合し、全てが魅惑的な殺人ミステリーに包まれた、今年最高のシリーズの1つです
この「PLUTO」がこれほど説得力のある物語になっているのは、全ての偉大なSFと同様、基本的には機械ではなく人間を描いた作品であるためです
この物語に登場するロボットのそれぞれは、私たちに様々な生き方を垣間見せてくれます
そのバランスは見事であり、全てのエピソードで常に新しい視点やアイデアが導入されます
特に盲目の作曲家とノース2号のエピソードは、このシリーズの雰囲気を完璧に捉えていました
結局のところ「PLUTO」は、すでに21世紀でもっとも興味深いSF作品の1つであり、今回のアニメ版はさらにその評価を高めるでしょう
5/5

一般視聴者のレビュー

「おお! 鉄腕アトムのリメイクにこれほど胸を打たれるとは、誰が想像したでしょうか。完璧です」

「ただただ素晴らしい。久しぶりに良いアニメを見ました」

「絶対的な傑作。古い時代の作品の精神を見事に捉え、新鮮に磨き上げています。今年最高のアニメになるかも知れません」

「全8話を見終わりました。私がNetflixアニメをこれほど面白いと感じたのは、『アーケイン』以来です。単純な善対悪の物語ではなく、ディズニーとは一線を画しています。これはまさに日本のアニメを体現しています。来年のアニー賞では『PLUTO』が賞を総なめにすると確信しました」

「人間味あふれる美しいSF作品。10/10」

「なんて素晴らしい作品だろう。全く予備知識なく見たので、驚きました」

「モンスターも、ビリーバットも、20世紀少年も、どの漫画も私の心の中で特別な位置を占めています。浦沢直樹のフィクションの偉大さは、私の精神に忘れられない印象を残してやみません。特にお気に入りは『PLUTO』です。そのためアニメ化されると知り、かなり興奮していました。そして、そのアニメが私の期待をどれほど上回ったかに驚いています。実際、私は1日で一気に見てしまい、すでに再視聴を検討しています。このシリーズは原作の魔法を完全に捉えていました。声優の演技は完璧で、アニメーションもほとんど完璧で、音楽は非常に豪華です。制作チームは素晴らしい仕事をしてくれました」

「あなたが鉄腕アトムのファンであろうとなかろうと、このアニメは必見です」

「クライマックスがとても気に入りました。エプシロンとの戦いで、プルートゥの全身があらわになるシーンはインパクトがあった」

「私は鉄腕アトムに全く詳しくありませんが、『PLUTO』は印象的なキャラクターたちが登場する見事なSF叙事詩です。疑いの余地なく、今年最高のアニメ!」

「戦闘シーンが少なくて、とても退屈でした。このアニメを見ようとしている人は、これはアクションものではなく、ロボットたちの人間ドラマだと考えておいてください」

「このアニメを何年も待っていました。中止になったのではないかと、心配したこともありました。それがついに目の前にあり、全ての期待を上回りました。スタジオM2は浦沢の作品を完璧に映像化しました」

「本当に素晴らしかったので、すぐにもう一度見ます」

「浦沢直樹を全く知らない人でも、『PLUTO』を見れば他の作品にも興味を持つでしょう。次は『BILLY BAT』をアニメ化して欲しい」

「大人向けアニメの新たな基準を打ち立てたかも知れない」

「現在の日本のアニメは美少女や美少年を題材とするものが多く、見るに堪えないものとなっている。日本のアニメは本当に終わったと信じていました。しかし、そんな絶体絶命の状況で『PLUTO』が登場した。Netflixの他のアニメと比べて、この作品は優れていると断言します」

「単なるアクション満載のアドベンチャーではなく、人間の本性について考えさせられる傑作」

「アニメ史上最高かつ重要な作品のひとつ。映像面では多少不満はあるが、物語に関しては文句なし。丸山正雄さん、次は『20世紀少年』をお願いします」

「信じられないほど素晴らしい」

「私は数年前に『MONSTER』を見て、浦沢ファンになりました。それからは彼の漫画ばかり読んでいました。『PLUTO』のアニメは素晴らしかった。SFが苦手なので、原作は浦沢作品の中では好きな方ではなかったのですが、アニメは伝説的と言っていい仕上がりになっていると思います」

「大好きなマンガを見事にアニメ化してくれて嬉しい。2003年に最初に出版された作品のテーマが、今でもタイムリーであることを実感し、感動しました」

「浦沢先生は神!」

「良いアニメでしたが、エプシロンが死んだ時はとても悲しかった」

「『PSYCHO-PASS サイコパス』の第1期以来の傑作。このジャンルでこれほど素晴らしいアニメを見たことがない」

「このシリーズの主役はアトムとゲジヒトであり、どちらも私を惹きつけて離しません。サスペンスは非常によく出来ており、結末はとても素晴らしかった」

「私は原作を読んでいません。そのため『MONSTER』のような現実的な心理スリラーを期待していました。ところが内容は全くの別物で、同じ作者が書いたとは信じられなかった。しかし、間違いなく素晴らしい。浦沢直樹は天才ですね。どのエピソードも面白かったですが、最終回は本当に見事だった。どんでん返しには衝撃を受けました。アニメ史上最高のフィナーレだったと思います」

「手塚先生にこれを見てもらえたらいいのに」


「GAMERA -Rebirth-」は2023年9月7日に、世界で配信された あのガメラがNetflixで、アニメーション...
「銀河鉄道999」はアメリカでは、1981年8月8日に初公開された 日本での公開は1979年8月4日 松本零士の同名コミ...
スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ノース2号によって、老人の心が少しずつ溶かされていく様子とか、上質の映画を見ているようでした。浦沢直樹にこんな漫画が描けたとは…。

    まだ観たのは1話だけだけど、期待以上の素晴らしい出来でした。それだけに悲しい。
    NETFLIXによってここまでの作品になったと同時に、これがNETFLIXの所有物になってしまうことに。

  2. 名無し より:

    「・・・「戦闘シーンが少なくて、とても退屈でした。・・・」こういうコメントが書かれるほど、一般の評価は低いらしいので、この作品を楽しめる視聴者層は限定される作品だと言える。残念だけど・・・。

  3. 匿名 より:

    飯塚昭三さん。
    感無量です。
    羽佐間道夫さん。
    久しぶりに声聞いた気がする。
    古川登志夫さん。
    ちょっと前に半天狗やってたとは思えない。
    日笠陽子さん。
    ちゃんと演技してる。

  4. 名無し より:

    過去の3種類のアニメ「鉄腕アトム(アストロ・ボーイ)を事前に視聴できるようにしてたのだろうか?? マンガ・アニメの「鉄腕アトム」を知らない若い人たちばかりの現在、「PLUTO」の公開だけでは世界に、この作品を観ようとする人たちは少ない。

  5. 匿名 より:

    これを見ると、『鉄の腕』もアニメ化してほしくなります……