Netflix「孤独の夜」ネタバレ感想 インドの本格ミステリー!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Netflixオリジナルのインド映画
結婚式の夜、花婿が殺された
警部補のヤダヴは捜査を始めるが、一族の誰もが秘密を抱えていて…………
富豪一族のおぞましい秘密
深まる謎
捜査への圧力
この殺人は身内の犯行なのか?
見ごたえのあるミステリーとなっている
事件の真相が気になって、ぐいぐいと引き付けられた
探偵役となる主人公のヤダヴが、人間味があって魅力的
人間関係が複雑だが、これもミステリーの醍醐味だろう
2時間29分と長いが、退屈することなく見ることが出来た
全ての真相が明らかになるクライマックスは、かなりの驚きと爽快感
「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」などミステリーが好きな人なら、きっと気に入るだろう

予告編

作品情報
作品名「孤独の夜」(原題Raat Akeli Hai)
監督:ホニー・トレハン
キャスト:ナワーズッディーン・シッディーキー、ラーディカー・アープテー、カリッド・ティアブジ、アーディティヤ・シュリーヴァースタヴァ、パドマーヴァティ・ラオ
上映時間:149分
製作国:インド(2020年)

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ざっくりあらすじ

結婚式の夜、花婿が殺された。警部補のヤダヴは捜査に当たるが、一族は誰もが何か秘密を抱えていた…………

感想(ここからネタバレ)

インド映画のミステリー
本格的な作りで驚いた
これでオリジナルなのだから凄い

結婚式の夜

結婚式の夜に事件は起こった
殺されたのは花婿のラグビール
裕福な一族の家長で、再婚だった
ラグビールは銃で撃たれた後、顔を何度も殴られていた

警部補のヤダヴが捜査に当たった
しかし、すぐに違和感に気付いた
一族の長が死んだのだ
だが、それを悲しんでいる様子の者はいない

ラグビールの子どもたち、妹、甥と姪、使用人
誰もが何かを隠しているようだった
話を聞いても、どこか非協力的だった

けれど彼ら以上に有力な容疑者がいた
被害者ラグビールの妻となったラーダである
彼女は夫と年が離れ、若く美しかった
ラグビールが死んだことにより、ラーダは莫大な遺産を手に入れたのだ
誰もが彼女を疑っていた

本当にラーダが犯人なのか?
ヤダヴは全力で捜査に取り組むが…………

ミステリー

富豪一族の長が殺される
身内は誰もが怪しい
王道のミステリーである
最近の作品では大ヒットした「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」を思い出させる

この作品は何を書いてもネタバレになりそう 一つ確かなのは、とにかく面白いということ 大富豪の謎の死 曲者ぞろいの親族たち そして、名...

インド映画でこんな本格ミステリーが登場するとは、正直驚いた
しかもかなり完成度が高い
細部では疑問が残る部分もあるが、作品の勢いでそれほど気にならない
またインド映画だけあって、娯楽性も十分
全体的に高いレベルでまとまっている

ヤダヴ

警部補
この物語の探偵役となる
名探偵といえるほど切れ者タイプではないが、熱い情熱で、難事件に挑んでいく
演じるのはナワーズッディーン・シッディーキー

正義感が強く、弱者に優しい
様々な圧力にも屈しない
非常に心強い主人公である

いまだに独身で、母親からやたらとお見合いを勧められる
仕事では格好いいが、家では母親に振り回されているというのが面白かった
また肌の色が濃いのを気にして、毎日ひそかに美白クリームを塗っている
とても人間的魅力にあふれたキャラクターだった

ラーダ

殺されたラグビールの美しい花嫁
ラグビールとは年が離れている
一族から嫌われている
演じるのは人気女優のナワーズッディーン・シッディーキー

5年前に父親から売られてきた
そのため誰も信用していない
ラグビール殺害の有力な容疑者とみなされている

5年前に偶然、ヤダヴはラーダと会っていた
一族の中でずっと虐げられてきたラーダ
ヤダヴは彼女を救いたいと考えるが…………

一族

この屋敷では長のラグビールが、強大な権力を持っていた
家族は誰もが彼に逆らえない
一族の間に愛情は存在しなかった

ラグビールの妹とその息子と娘
ラグビールの娘とその夫
誰もが怪しい
そして次第に一族のおぞましい秘密が明らかになっていく
複雑な人間関係
屋敷ものとしても面白かった

5年前の殺人

映画の冒頭で車に乗った男女が、後ろから来たトラックに追突される
転倒した車から這い出た2人を、トラックの男は冷酷に息の根を止める
そして死体をどこかの地面に埋めた

このオープニングのショッキングなシーンは、本編が始まるとしばらく忘れられる
しかし、物語が佳境に入り、ようやく冒頭のシーンが何だったのか明らかになる
殺されたのはラグビールの先妻と運転手だったのだ
彼らはなぜ殺されたのか?

パズルのピースがハマっていくような快感
物語の全貌が明らかになっていく過程は見ごたえがあった

虐待

ラーダは5年前に父親からラグビールのところへ売られてきた
人身売買である
世界では実際にこのようなことが起こっている

同じくインドのNetflixのホラー「ブーブル」でも、同じようなテーマが描かれていた

Netflixオリジナルのインド映画 切なくて美しいホラーである いや、怪談とかおとぎ話に近いかもしれない 村で次々と男性が殺される ...

少女虐待
決して許されないことだ
このことが本作の事件の背景にも、重要なテーマとして描かれている

虐げられて、全てを諦めたラーダ
ヤダヴはそんな彼女を、様々な圧力にも屈せず救い出そうとする

まとめ

インドのミステリー映画
かなり見ごたえがあった
こんな本格ミステリーがインドで作られるとは驚き
ストーリーも緻密で、テーマもかなり深い
またアクションや銃撃戦など、サービス精神も旺盛
最後は全ての謎が解け、爽快な気分になった
ミステリー好きなら、押さえておきたい一作だ


Raat Akeli Hai (2020) on IMDb

スポンサーリンク
PC レスポンシブ

ブログTOP

関連記事
スポンサーリンク
PC レスポンシブ
PC レスポンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする